妊娠中の便秘の原因

妊娠中の便秘は腸が圧迫されることが原因

妊娠してから便秘になりやすくなったという方のほとんどは子宮によって腸が圧迫されていることが原因です。便は腸がぜん動運動という動きをすることで排出されるため、妊娠時にはそれが難しくなるのです。

 

それだけでなく、運動不足も便秘に関係しています。腸は運動をすることで刺激が伝わってくるため、自然な便意をかんじやすくなります。しかし、妊娠中は胎児のことを考えて体を動かすことを控えられている方が多いはずです。
ですが、ウォーキングのような軽い運動をすることはむしろ血行を良くするため、積極的に行うのがいいのです。

妊娠時の便秘解消には便秘薬


どうしても便秘を解消したいときにはラ基礎ベロンやマグミットという便秘薬を使っておきましょう。ただし、鉄分が含まれているため、成分の作用で便が黒くなってしまうことがありますが、体が悪くなるわけではないので気にせずに飲んで大丈夫です。

 

便秘は我慢したままでは腹痛を確実に引き起こしてしまうので、一日でも出ない日があればすぐにでも対処をするように心がけましょう。
妊娠中便秘.xyz